オッチャンAnglerの釣り三昧

ホームグラウンドの山梨県北部の渓流で、ルアー&フライでアマゴ・イワナを釣り、 秋は静岡の海で夜な夜なスズキを狙う。            その他、いろいろ異魚種格闘技戦に挑むオッチャンのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

幻の魚”アカメ” ・・・羨望のまなざし

8月18日 大潮

昨夜の経験を踏まえて、「フィッシング ハヤシ」でルアーを幾つか追加購入したあと
「ひろめ市場」に飯を食いに行った。

IMGP2850.jpg

ここは狭いビルの中に市場とテーブルがあって、自由に座って飯を食うという、なんだか
とても”アジア的”な雰囲気の場所である。

IMGP2848.jpg

そして今年も「塩・タレ盛り合わせ鰹のたたき定食」+海老の天ぷらを食った。
やっぱ、うまい!   鰹の一切れでご飯を半膳ぐらい食えるで・・・。

IMGP2847.jpg

お土産は”鰹のなまぶし”。  これが、わさび醤油やマヨネーズを付けて食うとうまいのだ!
そして、腹いっぱいになった所で、気合を入れてゆうまずめ、・・・車の中で仮眠!?

ゆうマズメは捨てて、昨夜良かった干潮狙いで浜に立つ。    しかし、まだ時間はある。
南と北の空で雷が光っているが雨は降らないような感じだし、降り出したら撤収したらいいや
位の気持ちでいたのでカッパは着て行かなかった。

色々チェックをしながら昨夜のハニースポットで”その時”を待っていると、ゾロゾロと地元の
人達や西村さんもやってきた。 昨日の情報が回っているんやな・・・ま、お互いさまやね。

で、「さあぼちぼち始まるで~っ」て時に、雨雲が頭上にやってきて、雨と雷を連れて来た。
カッパを持ってきていないオレたちは車に非難したが、地元の人達はカッパを着て釣り続行。

・・・雷が怖くないんかなぁ?   小1時間ほどで雨が止んだので、再び出撃。
トーゼン、ハニースポットには既に人が並んでいるので、最下流部に陣取る。

とは言っても、昨夜とそんなに変わらない場所である。    団長は少し下流部にいる。
しかし、アタリが1回あっただけで一向に釣れない・・・。

団長は魚を掛けたが、上流に走られバラシてしまったと言っていたが・・・。
なんか、昨夜とは雰囲気が違う・・・今夜は昨夜に比べて約1時間ほど潮の動きが遅いし、
下げ量も違うのはわかっているのだが、釣れる気配が無い。

そうこうしていると、団長の下流部に2人組みが入った。
その場所は流れが速くなり、いいポイントなのだが昨夜は全然釣れなかった場所である。

で、しばらくすると、そのうちの1人に何かが掛かったようだ。
上流部のオレたちにあとの一人が駆け寄ってきて、「アカメが掛かって上流に走られている
ので、竿を上げてほしい」と言うではないか!   「・・・マジ?!アカメ!?」

魚は上げ潮に乗って上流部に走っている。 そして、岸によって来た魚体をライトで照らし、
ルビー色に光る眼と大きな魚体を見て「アカメや!でかい!」と、口々に叫ぶ。

そして、もう一人の仲間がランディングを助け、波に揉まれながら岸にズリ上げた。
・・・98cmの見事なアカメだった。   

それからまた自分の場所に戻り、釣りを再開した。   ・・・どれ位時間が経ったのだろうか、
下流にいたもう一人の方にもまた、アカメが掛かった! 「・・・いったい、どうなってるんや?」

彼らが魚に引っ張られて上がってきたので、団長と二人で彼らの場所に入らせてもらった。
が、もう、アカメからの反応はなかった・・・。    2匹目は、70cm位のアカメだったそうだ。

あとになって思えば、団長が上流に走られてバラした魚は、アカメだったのだろう・・・。
「もっとしっかりフッキングしておけば良かった・・・」と彼は悔やんでいた。

夜明け間近かになってもアタリも無いので、団長はもう見切りをつけたのか、あきらめたのか
「上がりましょう」と言って先に車へ戻って行った。    「え?もうすぐ朝マズメやで・・・?」

オレはまだあきらめきれず、「釣れるとしたら、明るさが変わるマズメ時や・・」と、団長からの
”帰れコール”を無視してひたすらルアーを投げ続けるが、サーファーが海に出だしたので
強制終了となった・・・。

IMGP2853.jpg

後で気づいたことがある。     それは、アカメが釣れる少し前、団長の足元にヒイラギの
ような小さくて平べったい小魚が打ち上げられていたのだった。

そして、それはアカメを釣った2人が使っていたルアーと、サイズ・形がよく似ていた。
まさに、マッチザベイト。 オレ達は、既に海からヒントをもらっていたのに、生かせなかった。

そして、昨夜の釣れたポイントを知っているオレ達や地元の人達はその場所にこだわって
動こうとしなかったが、それを知らない今日きた2人は仕方なく?いいポイントに
入って釣れたという、なんとも皮肉な結果に終わってしまった・・・。

今回はもう少しでアカメに手が届きそうだったのに、色々な事が少しズレていた・・・。
釣りってオモロむずかしいねぇ・・・、勉強になりましたぁ・・・。

それにしても、あのライトの光に浮かび上がったアカメの姿は、今も忘れられない・・・。


PS. 今井さん、西村さん、今回もいろいろお世話になり、ありがとうございました。




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | アカメ釣り | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<刀と竹刀 | オッチャンAnglerの釣り三昧 | 幻の魚”アカメ” ・・・明日への希望>>

この記事のコメント

18日はキツイ釣行でしたね…
それでも”もしかして””次のキャストで”って
夢と希望があるから釣りは楽しいっす!!
ところで”アカメ”の釣果はツ抜けできましたか?
2012-08-25 Sat 08:03 | URL | 電気屋 #-[ 内容変更] | top↑
アカメ、ネット検索しました。
四国以南の太平洋側にしかいない、希少種なんですね。
しかも、デカい。。。
すぐとなりでかけてるのに、こっちには来ない! という釣り人にとっては歯噛みしたくなるパターンでしたね。
私も久々、ブログ記事で緊張と興奮を味わわせていただきました。
釣りの世界はどこまでも奥深い。。。
2012-08-26 Sun 16:54 | URL | みやざき #-[ 内容変更] | top↑
電気屋さん、まいど~!

最後は悔しい結果になってしまったけど、
楽しい遠征でしたよ。
アカメのツ抜け?いやいやマ抜けですよ・・・
って、これを言わせたかったんでしょ?
2012-08-27 Mon 21:10 | URL | オッチャンAngler #-[ 内容変更] | top↑
みやざきさん、まいど~!

日本人は”限定”とか”希少”なんていう
言葉に弱いですから、遠くまで行ってしまうのかな?
ブログを読んでもらって、あの時の気持ちが共有
できたのならとても嬉しいことです。
今度は何処かの釣り場で、共有できたらいいですねぇ。
2012-08-27 Mon 21:21 | URL | オッチャンAngler #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| オッチャンAnglerの釣り三昧 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。