オッチャンAnglerの釣り三昧

ホームグラウンドの山梨県北部の渓流で、ルアー&フライでアマゴ・イワナを釣り、 秋は静岡の海で夜な夜なスズキを狙う。            その他、いろいろ異魚種格闘技戦に挑むオッチャンのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

野尻湖のスモールマウスバス

6月12日
久しぶりにスモールマウスバスを釣るために、”バスマスターI”と野尻湖で
朝7時スタートのボートに乗る。

もうすぐ高速道路1000円が終了するからか、人が多い・・・。
例年この季節のバスは産卵の時期を迎え、浅場にネスト(産卵床)をつくる。

外敵から卵を守るバスをワームなどで威嚇し、口を使わせる。
なんともヒキョーなやり方かもしれないが、元々魚釣りというのは魚の習性を利用して
釣り上げるものなので、”釣りたい”だけならこの釣りはこの季節の王道的な釣り方である。

そして、皆がその釣りをするので魚もスレてしまい、ボートが近づくと逃げてしまう。
その隙を狙ってニゴイが卵を食いに来る、そして産卵後のバスはニゴイの稚魚を食う。
なんとも凄まじい生存競争・・・。

そんな釣り方に対して賛否両論あると思うが、普段なかなか釣れない大物が釣れる。
しかし、なんとなくオレ的には、”気分が晴れない釣り”なのでやらない。

産卵前のスモールマウスバスはシャロー近くの深場に居るので、かけあがり付近を探る。
バスマスターIはワームで、オレはシャッドで食い気のあるヤツを探していく。

周りに人がいっぱい居るので、「ここで釣れたらヒーローやで」なんて言ってたら、
「来た!」   久しぶりのバスの引き!  しかもスモールマウスバスは引きが強い!

「うれし~!」なんて喜んでたら、数度のジャンプでバレた・・・。
”天国から地獄” ”ヒーローからマヌケ” ”いいな~からザマ~ミロ”

「・・・一匹目をバラすと、その日1日良くないんだよな~。」

場所を変えても人が多いので、必ず人の後に入るような感じになる。
バスマスターIはネストを狙い、魚もスレてなかなか口を使わないが、なんとかゲット。
IMGP1417.jpg

オレは相変わらずかけ上がり付近を狙い、シャッドを止めた時”ゴン!”「喰った!」
本日2回目!さっきバラしているので、今度は逃がすものかと真剣にやり取りをする。

今度は腹のフックをガッチリ食っているから安心だ、「くぅ~、よ~引く!」
そして水面に上がってきたヤツの目を見て驚いた、”目が赤い”。

「アカメや!」一瞬、心は高知県へと飛んでいくが、すぐに現実に引き戻される。
スモールマウスバスは、人と眼が合ってからの突込みが凄いのだ!

ボートの下にギュンギュン潜って行く! 浮かせては潜られを繰り返し心臓はバクバク!
久しぶりに胃が痛くなる様な感覚を覚えながらゲットしたのは、45upのスモールマウスバス!
IMGP1415.jpg

その後はまったりした時間が続いたので、試しにゼンマイ仕掛けのSPシャッドを
投げて見ると、一度スモールマウスバスが出たが乗らなかった・・・残念。  

しかし、この時期に大き目のルアーで、しかもスモールマウスバスがTOPに出る
という事に衝撃を受けたバスマスターIがこのルアーを欲しいというので、夜、
予備のSPシャッドとイマカツのクランクWADDLE BATSと交換した。

オーバーハングしている木の下にルアーを入れても、小さいのが突きに来るだけ。
ネストを狙っても、口を使わなくなってしまったので、16時に終了し木崎湖に向かった。

宿に荷物を置いて雨が降る中、ゆうまづめをやってみるが、そう上手くはいかんわな・・・。
一日中船に乗っていたので、夜でも波に揺られている感覚が抜けなかった。



↓ ランキングに参加しています。 ポチッと押してください。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | バスフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<木崎湖でTOP WATER GAME | オッチャンAnglerの釣り三昧 | 迷走の果ての尺岩魚>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| オッチャンAnglerの釣り三昧 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。